テレワークの認められる社会

テレワークが当たり前のようになってきています。 いろいろな問題が発生している今、テレワークを導入しようとしている会社が増えています。 テレワークのいいところは何でしょう。 一番のメリットは、通勤電車に乗らなくてもよいことです。 通勤電車に片道1時間かけているという人は合計2時間もの時間が自由になるのです。 通勤にかかる時間を全部、自分のために使えると思うと嬉しいのではないでしょうか。 テレワークに必須なものは、やはりパソコンです。 パソコンはテレワークにとって一番大事なものです。 そして、Webカメラも必要です。 Webカメラは、自分の状況を知らせるのに役立ちます。 他には、自分の声をテレワーク先に聞こえさせることも必要です。 パソコンにWebカメラ、マイクと全部揃っていることもあります。 テレワークが好きな人は、仕事は仕事と割り切っている人に多いです。 以前なら会社に行って、そこで余計な飲み会などに参加しなければならず、面倒臭いと思っていた人もいるはずです。 テレワークになれば、飲み会も、Web上で開かれます。 自分でお酒を用意して、それを仲間と一緒に飲むことができます。 もし、お酒が苦手な人がいれば、密かにお茶を入れておいて、それをお酒だと言うこともできます。 飲み会の場所に行くのが面倒だと考えていた人も、自宅で飲み会ができるなら、参加しようと考える人もいるのではないでしょうか。 このように、全部Web上で完結してしまう世界はなんと楽しいことでしょう。 今までは、テレワークの敷居が高いと思っている人が多かったと思います。 しかし、いざテレワークをやってみると、意外とそれで仕事が成り立つことがわかってきました。 確かに、まだテレワークが始まってまもないですが、今後、その流れはより強くなっていくでしょう。 テレワークを推進することによって、仕事場・勤務地を縮小することができます。 これで、多額の賃料を払わなくてもよくなります。 これは、経営者の人にとっては、とても嬉しいことです。 今後は、テレワークをする人と、会社に通勤する人、半々くらいになるはずです。 そうすることによって、バランスのとれた会社になります。 少し前までは、通勤する人の方が偉いという風潮が確かにありました。 しかし、今は、テレワークも割合、認められてきています。 もし、会社がテレワークを推進させようと考えているのなら、積極的に活用してみてはいかがでしょうか。