FXの人気が高まった理由について

一昔前までは、サラリーマンやOLが挑戦する投資と言うと、株取引が圧倒的な人気を誇っていました。ですが最近では株取引に負けない位に、FXの人気が高まって来ています。FXの人気が高まった理由としてはまず、株取引と同様にインターネットを利用して手軽に取引が行える事です。専用アプリを用意しているFX業者が多いので、パソコンだけでなくスマートフォンでも手軽に取引を行う事が出来ます。しかもFXは株取引よりも、投資として魅力的な部分がある点も人気が高まった理由と言えるのです。 FXが株取引よりも魅力的な理由としてまず挙げられるのが、平日であれば24時間何時でも取引可能な点だったりします。株取引は平日の午前9時から午後3時までしか国内市場が開いていないので、その時間帯しかリアルタイムで取引出来ません。所がFXは異なる2国間の通貨を取引するので、世界中の何処かの市場が開いてさえいれば取引可能です。そういった理由から、平日であれば24時間何時でもリアルタイムで取引出来ます。お陰でサラリーマンやOLが帰宅後の空いた時間に、リアルタイムでトレードする事が可能です。他にも朝会社に出掛ける前に、サクッとトレードして儲けるといったやり方も出来ます。 更にFXは株取引よりも、少額の資金からでも始められる点も人気が高まった理由です。というのもFXにはレバレッジという方法があり、国内口座でも最大で資金を25倍にして投資する事が出来ます。海外口座であれば、数百倍から1000倍といった所も存在しているのです。この様に資金を増やして取引を行えるので、株取引の様に数十万円規模という纏まった資金を用意しなくても始める事が出来ます。それこそ数万円程度の資金でも勝負出来る点は魅力的であり、始める際の敷居は低いです。 加えてFXは、株取引よりも儲けられる局面が多い点も魅力的だったりします。株取引で利益を得るには、狙った銘柄が安値を付けた上で、価格が上昇するタイミングを待って購入しなければなりません。その上で実際に高値を付けた時に売却して、利益を得る事が出来ます。 FXも同様に狙った通貨ペアが値下がりし、上昇する局面で買い注文を出し、実際に高値を付けた際に売り注文を出す事で利益を得る事が可能です。ですが相場が下落すると予想出来る場合には、FXは先に売り注文を出す事が出来ます。売り注文を出して、実際に下落した後に買い注文を出す事で利益を得る事が可能です。そのため相場が上昇する局面だけでなく、下落する局面でも勝負が出来ます。この様に株取引よりも、利益が得られるチャンスが多い点もFXの人気が高まった理由と言えるのです。